京都検定

いよいよ本格的な観光シーズンになりました。

京都の道路は観光バスで混雑しています。

市バスにも、地下鉄にもガイド本を持った方がグンと増えました。


秋と春は京都の人口が変わりますね・・。


さて、この度スタッフのスキルアップのために、

各々新しい知識を身につけよう、ということになりました。

そして、私がチャレンジするのは・・

これ


京都・観光文化検定試験。「京都検定」として広く知られている検定です。


聞いたことはあっても、全く内容を把握していなかった私は、

「やります。」と即答してしまいましたが、

試験っていつかな~・・とHPを見てみると、

12月。もう2カ月しかないじゃないですか。


受験データを見てみると、合格率も年によってバラバラ。

合格した方達は、どのくらい前から勉強し始めたのでしょうか。

テキストと過去の問題集をマスターすれば

受験準備は万端なのでしょうか。

3級と2級同時に受けたほうが良いかな。

それとも自分の力を信じて2級にかけるか。




そんなことばかりが頭をよぎりましたが、それって受験準備ですよね。

目的は、資格を取ることよりも知識を得ること。

観光で京都に来られたお客様に色々情報をお届けできれば、

お食事プラスアルファのサービスが提供できるはず。

そしてその知識を、客観的に納得していただくためのツールとして

資格がある。

ということで、合否にかかわらず一生懸命勉強します。


せっかく京都で暮らしているのだから、

もっと掘り下げて京都のことを知ってみようと思います。


公表したからには本当に受験しないといけないな・・

と、ちょっと心配になってしまいました。


それにしても、私の地元は検定を作っても受験者のニーズは無いだろうな・・

とも思ってしまいました。










restaurant Sa・ka・miのホームページは こちら
[PR]
by sakami-kyoto | 2009-10-16 21:27
<< せめて、30らしく 最近 >>